煙草を禁煙できない

何故タバコは辞めれない?禁煙しても吸い出してしまう

 

薬物に依存したり、スピリッツに依存したりって、タバコもおんなじ方法で依存してしまう。タバコには頼り性のあるニコチンというものが含まれています。タバコを吸うってニコチンが肺から吸収され、血中に取り込まれ脳へ運ばれます。

 

脳にはニコチン受容体と呼ばれるニコチンの受け入れ角があります。そちらへ運ばれてきたニコチンが結合するという、喜びを感じる脳間逆鱗やり取りもののドパミンが射光されます。

 

アルジュナ,通販,市販,効果,副作用,心臓

 

脳内でドパミンが放出されるって喜びをもらい、これから最初ごとタバコを吸って喜びを得たいと脳がニコチンを要するようになります。こういう働きをくり返すって、禁断症状や禁断症状と呼ばれる症状が現れるようになり、タバコという働きを辞められなくなってしまうのです。

 

タバコを辞めたい!タバコは不味い!タバコは嫌い!タバコは健康に悪い!タバコは賃金の水泡!って仮に思ってても、簡単に辞められないのはその為だ。

 

やめようという禁煙に挑戦内側、体からニコチンが切れてくると、脳が喜びを得ようとニコチンを待ちわびるわけです。脳裏ではわかっていても、簡単に辞められない理由はここにあります。

 

脳は先ず覚えた喜びは暮し忘れませんが、だんだん薄れていきますので繰り返し働きを行なわず、敢然と断つ事が大切です。何年も禁煙していても、さらに吸ってしまえば元の様子へ戻ってしまう。

 

禁煙を成功させるのは難しいですが、それ程タバコをやめる働きにはポイントも大きくあります。
心肺効能の上昇を考えられるのであれば、禁煙を推薦致します。

 

アルジュナTOPへ