ニコチン信頼の禁断症状

タバコの禁断症状(禁断症状)

ニコチン禁断症状になっている人は、ニコチンが体躯からなくなるって以下のような禁断症状(禁断症状)現れます。

 

禁煙を始めたばっかりは、力強い禁断症状に襲われますが、禁煙を積み重ねる事で、だんだん乱調が和らいでいきます。

 

・大いにタバコを吸いたいという。
・落ち着かなくなる。
・気分が落ち込んだり沈んだり始める。
・食欲が増加する。
・イライラする。
・圧力になる。
・直ちに心をおぼえる。
・寝付きが悪くなる。
・不安を感じる。
・寝ている途中で目が覚める。
・エネルギーが低下する。

 

アルジュナTOPへ